カスピ海ヨーグルト 副作用

カスピ海ヨーグルトの副作用について

カスピ海ヨーグルト 副作用

カスピ海ヨーグルトは、健康に非常に良いことで定評がありますが、

実は副作用が懸念されています。

 

カスピ海ヨーグルトを摂取すると、お腹の調子が悪くなることがあります。
食べ初めて1ヶ月経っても下痢と便秘を繰り返すことがあります。

 

腸が弱い体質で、日ごろから下痢っぽい人は、カスピ海ヨーグルトは避けた方が無難です。

 

また、健康食品として販売されているカスピ海ヨーグルトを購入する時は、
信頼できるメーカーの物を選ぶ必要があり、口コミなどで評判の良いものを選ぶべきです。

 

カスピ海ヨーグルトでよく失敗するのが、雑菌の被害です。

 

自分で作る場合、種菌で作ったヨーグルトを再度種菌として使うので、
何回か繰り返すうちに乳酸菌がうすくなり、作成途中で殺菌処理をしていても雑菌が入ることがあります。

 

雑菌と乳酸菌の力関係で、ヨーグルトが駄目になり、副作用を招くことがあります。
カスピ海ヨーグルトは体に良いのですが、体質次第で効果は十人十色です。

 

そのため、下痢などの副作用が起こることがあります。
ヨーグルト自体は体に良いので、合わないと思ったときは、
市販の普通のヨーグルトを使うようにしましょう。